忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1848]  [1847]  [1846]  [1845]  [1844]  [1843]  [1842]  [1841]  [1840]  [1839]  [1838

八ッ塚実著、を読んだ。
子どもの心は人間らしく豊かに育っているか。
子ども(人間)にとって大切な何かが見失われようとしてはいないか。
特に大切な思春期の節目。
さまざまな子どもとの出会いを通じて考える。
中学生の心、教育の原点
八ッ塚実
原文まま

1935年広島県福山市で生まれ、1961年から1989年まで広島県福山市公立中学校で教員を務めた人の本である。
詠み書きマラソンという本をある人に進められ。
その本から
一生一度の学び
という本に興味を持って、佐久間図書館に借りに行き読んで、著者の八ッ塚実氏の生き方に感動し、ネットで検索してアマゾンで見つけた。

「みくびるな」「かいかぶるな」
子どもたちに接するときの八ッ塚先生の考え方だ。
子どもたが、生きる力を獲得するのは、設備でも条件でもない。まわりの大人のもつ、人権感覚である。子どもだといって、みくびらず、かいかぶらない、たしかな接し方だ。

人権?
人権を説明する前に
権力
自分たちの暮らす社会には、様々な権力関係がある、警察と一般市民。会社の経営者と、被雇用者。学校の先生と生徒の間に力関係がある。
どのような社会においても、権力は生まれてくる。秩序をつくるために権力は必要だが、その権力を乱用することがある。
「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対に腐敗する。」という格言もあります。
何も策を講じなければ、弱い側は虐げられる一方になりかねません。そこで、権力関係の中でも人間の尊厳が守られるように、弱い側が「人権」という概念を生み出したのです。
人権
人間が人間らしく生きるために必要な権利
 
文中で私は何度も、人間関係の大切さにふれた。このことは、ほかならぬ、「人権を尊重し合う人間関係」ということだ。
校内暴力から端を発して、家庭内暴力、いじめ、校則、体罰と、応対にいとまがないほどのキャンペーンの連続だ。しかし、どれ一つとっても、真の解決は、大人社会の人権意識にかかっているのだ。この中のどれに、小手先の方法で解決可能なことがあるだろう。すべて、私たち大人が、人権無視社会を作っているツケが、子どもの世界に影を落としていることばかりなのだ。
原文まま

八ッ塚先生の書いた本は、
人生一度の学び
と、今回の
思春期という節目
を読んだ。
今回、アマゾンでこの本を入れて三冊注文した。
じっくり読んでいきたい。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]