忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1678]  [1677]  [1676

ここは限界集落
限界集落としての定義「65歳以上が人口の50%以上」限界集落の分類
 準限界集落:55歳以上が人口の50%以上
 限界集落   :65歳以上が人口の50%以上
 危機的集落:65歳以上が人口の70%以上

佐久間町の年齢別人口統計の詳しいことは分からないが、かなり危機的状態だと思う。

佐久間町は浜松市になった
佐久間町が浜松市に合併したとき、私の暮らしている半場地区の区長が、私の所にきて半場地区の10年後の男女比年齢別の人口を棒グラフで表してほしいと言われた。
その区長は、 「これから人は減って来るので、コミュニティを大事にしなければいけない」その様に言っていた。
そして、その区長のときに区民会館を利用してと呼び掛け、その区長は、自費でカラオケセットを区に寄付した。

半場10班
私の班で葬式があり、班の人たちが集まった時に
「この様な場でしか集まらないのではなく、違う場でも集まらないか?例えば花見など」
そんなようなことを話し、そのときから春になると半場10班では「お花見」をやるようになった。

全国の限界集落は10,091
限界集落とは?日本における問題点と移住に向けた対策
全国の限界集落の中では、佐久間町は恵まれている方だと思う。
佐久間ダムがあり、電源開発という会社があるからだ。
しかし、その関係で働いている人も、街に住まいを構え、佐久間に通勤で来る人が多い。
何故だろう?
 

限界集落天龍村
そんなブログを考えているとき電話が来た。
信州の天龍村での「梅花駅伝」のメンバー集めの連絡だ。
ココの駅伝、もう何回参加しているのだろう。
天龍村は平成の大合併のときに、どことも合併しない道を選んだ地域だ。
そんな地域の駅伝が、多くの選手を集めている。

限界集落
佐久間町は限界集落。
住所は浜松市になったけど、浜松市の北部「中山間地」は何処も限界集落になる。
限界集落だから考えること、限界集落だから思いつくことがある。
来年もいろいろ計画している

同窓会、マラニック、ボランティア活動。。。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
誰もいない
しんしんさん、今年の夏に中部天竜行きました。
40年振りです。
中学生の時です。
橋を渡った街でリンゴを買いました。
探したけどその場所を分かりませんでした。

夏は、相棒と赤い橋から鮎の群れを見てたら、おじさんとおばさんが、鮎の事教えて教えてくれました。
町の人は、鮎を大切に見守って居るんですね。

こま近くに、ランナー仲間がいますって言ったら
おばさんが、勉ちゃんだねって・・・。
とてもいい町ですね。
日曜日だからかな~駅前にも、その2人以外には、誰にも会いませんでした。
ひろ 2016/12/25(Sun)22:23:42 編集
ひろさんへ
久しぶり~です。

佐久間町からは、どんどん人が出ていきます。
働くところがあっても、街に家を建て通勤している人が多いです。

人が住まなくなると、どうなるか。
もっと真剣に考えなければなりません。

これ以上、ココから出ていく人がいない様に考えなければなりません。
過疎化の現象は待ったなしです。
しんしん 2016/12/25(Sun)23:33:04 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 18 19 20
22 23 25 26
28 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]