忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [179]  [180]  [178]  [177]  [176

水窪の町は私が小さい頃は、とても賑やかな町だった。

映画館・パチンコ屋も有った。

ここの駅伝「北遠駅伝」は毎年参加しているが、昔と比べると・・・応援する人たちが少なくなった。

20年前は、4区の長尾(なごお)から走って、小畑(おばた)に入ってくると5区の中継地点まで応援の人垣が出来、それはスゴイ応援だった。

私は、何時も2区(西浦から池島)応援の人の少ない、過酷な山登りの区間を走っていたので、移動の車から見ただけなのだが。

応援の仕方が、佐久間とはまったく違い、楽しかったのを覚えている。

そんな、昔走れなかった、水窪いの街並みを走る。

本町、大里、小畑、水窪の町を抜け、67km地点。

ここから、国道が少しず上り坂になってくる、西浦、ここにある「はくりや」で、後は遠山郷まで店はない。
IMG_0045.jpg16050948.jpg




 










池島(いけじま)に着き、、国道は草木トンネルへ向っているが、私たちは青くずれ峠へと向かう。

車で遠山郷に行くには、池島から草木トンネルを抜け、信州に行くことになる。

草木トンネル(ウィキペディア)↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%9C%A8%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB_(%E9%81%93%E8%B7%AF)

国道152号線は浜松から信州に向うが、地図で見ると、ここ青くずれ峠で切れている。
map.gif




 









幻の152号線なのだ。

これから、その152号線を標高1.082mの「青くずれ峠」に向う。

途中から、車が走れない遊歩道となる、昔ながらの石畳の道もある。
IMG_0049.jpg16d19401.jpg





 









最後の難関、青くずれ峠、ここから先が信州だ。

急な斜面の遊歩道を下り、国道152号線にたどり着く。

後は、国道沿いに下るのみ。

和田の街に入り。

道の駅「遠山郷」でゴールとするのだ。

「浜松縦断 夢街道」90km

実現するのか、夢で終わるのか。

 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
浜松縦横夢街道90キロ
是非参加したいです。でも休めたらいいのですが途中まで参加でもいいでしょうか?
うっちやん 2010/03/19(Fri)05:38:44 編集
re浜松縦横夢街道90キロ
「浜松縦横夢街道90キロ」は今回初めてで、私、色々考えています。
浜松駅南口から道に駅「遠山郷」までとしていますが、色々な参加が自由です(^O^)
どのように走るのか、掲示板で話し合いましょう。
青くずれ峠の水窪側に住むラン友が、青くずれ峠越えだけ参加、っと言う人もいます(^O^)
しんしん 2010/03/20(Sat)20:11:03 編集
無題
よろしくお願いします。私もどうしてもしても、青崩峠は越えたくて是非とも!
うっちやん 2010/03/22(Mon)21:33:56 編集
こちらこそ(^-^)¥
こちらこそ、よろしくお願いします<(_ _)>
今日、うちゃん&よっぴーに案内その他を送りました。
しんしん 2010/03/23(Tue)17:11:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]