忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2075]  [2074]  [2073]  [2072]  [2071]  [2070]  [2069]  [2068]  [2067]  [2066]  [2065

とき:平成31年3月31日
(男性:504名 女性:160名 計664名)
浜松市民の参加は394名(男性303名女性91名)
遠隔地
東:千葉県
西:滋賀県
最高齢者
男性:83歳
女性:77歳

 
私は、知り合いと、こんな格好で参加した。

秋葉ダム桜マラソンは、1991年のとき31歳のときに水窪のフジユニバンスの先輩ランナー(ユキ兄)と走ったところだ。
わたしの初マラソンだった。
my記録

あれから28年後。
私は、その桜マラソンを走るために集まった集団の中にいた。
わたし達三人のタスキを見て、ある人が声をかけた。
「浜松市の献血センターで働き始めたのですが、、、、どのような団体?」
「静岡県骨髄バンクを推進する会の者です。」
と丁寧に答えた。
その他、様々な人と話した。
年配ランナーは、昔の手書き時代の記録表を懐かしく語った。

そうこうしているうちにスタートだったのか、664名のランナーが移動し始めた。
ユックリゆっくり進んだ。すきまを見つけて前を急いだ。
同じタスキの人が、前を行く。追いかけた。
ボランティアの人が沿道から私に声をかけてくれた。
高野さんだ。
膝の調子が悪く走っていないみたいだけど、ボランティア活動で秋葉ダム桜マラソンに携ったのだ。
彼の分まで頑張ろう。自分なりに。

ココのコースは、秋葉ダム湖畔を往復するコースだ、しばらくすると速いランナーが帰って来る。
激を飛ばすが、自分は自分のペースを守る。
あの人が、こんなに前を走っている。自分にとってのライバルが。
折り返しを過ぎ、頑張ってスピードをと思うのだが、今は無理はできない。
自分のペースを守って走る。

あと3㎞、若いランナーと並走する。
初マラソンだという。
知り合いが、袋井メロンマラソンを走ったので、自分も走ろうと考えていると言っていた。
「35㎞の壁があるペースを守っていけば大丈夫」
「頑張れ。」
「今は、ココを頑張りまいか」
と、お互い激を飛ばしあった。
すると、彼のペースがあがった。
若さだナ~。

あと2㎞
あと1㎞
桜の花が満開の桜並木の下を必死に走る。
1991年、わたし31歳の時にも必死になって走った道だ。
無事にゴールできた。
48分50秒

ゴールタイム。順位。
もちろん大切な記録だけど。
それ以上の大切な経験をさせていただいた
秋葉ダム桜マラソン
ラン友、ボランティアの人たち。
ありがとうございました。
しんしん

 


 

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]