忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098]  [1097

長野県の南側に泰阜村、と言うところがある。

夏の泰阜村のマラソン大会
ふれあいの里高原ロードレース大会で、このマラソン大会の事を知り、今回参加したのだ。


ここ栃城(とんじろ)地区は、
泰阜村の南部に位置する6世帯12名の地区で、地区の中心には栃中川が流れており、そこの清流であまごの養殖が40年前から行われているそうだ。

そんな事を書いてあるパンフレットの地図を頼りに、佐久間にある自宅を朝5時15分、マイカーで出発した。

国道151号線で行けばいいのだが、今は原田橋が夜間通行止めなので、水窪・遠山・平岡・阿南経由で行くことにした。

7時前には現場に到着、閑散とした駐車場には石灰で車の止める位置を示していた。

車を置いて、会場へ。
知り合いや、知り合いの知り合いでスタート位置で記念写真



スタート位置が開会式会場で、そこが沢の近くで日陰とあって、寒かった。

スタートしていっせいに走りだしたが、すぐに激坂がまっていた。
早くも歩いている人もいた。

厳しいコース、そこを何とか我慢の走り。

折り返し地点まで行くと、給水所が、、、そこのテーブルの上がなんと白い・・・凍っていた。

走っているといいのだが、ボランティアの人たちは寒いだろうな~。


帰り、山の向こうの天竜川沿いにある町並みが見え山には霧がかかっていた、とっても印情的だった。

そんなのを見ていたら後ろから何人かに抜かれ、もと来た激坂を下ることに。

その坂、急すぎて走るのが難しい、そこでも何人かに抜かれた。

それでも がんばってゴールを目指した。
ゴール後の写真


ご苦労様でした。


栃城(とんじろ)地区の皆さん・・・ありがとうございました。


PS
このマラソンのゴールシーンの動画です。


小さな村の、あったかなマラソン大会。

来年再来年と続き、いい大会になればいいな~(^^)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この大会
2013、11月?日

来年の萩田さんのイベント予定
分かりましたら、教えてください。
☆はじめ 2013/12/20(Fri)18:18:29 編集
無題
11月23日(土)です。
ほんと~~~に山奥です(>_<)
来年は参加してみましょう、あったかい大会ですよ。
寒さ対策を忘れないで下さい(^-^)/

萩田さんの件
了解しました(^-^)/


しんしん 2013/12/20(Fri)18:29:30 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]