忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617]  [1616

何時もはマラニックで、お世話になっている
遠山郷へ、今回は観光で、、、行ってみた。

水窪にも用事があったので、、、。

佐久間から水窪まで約1時間
本町で用事を済まし、ココから兵越峠を越え、遠山郷に、、、、。
国道152号線
ここの峠越えは、国道とは思えないほどの狭さ。
対向車が来ると大変(≧▽≦)

峠を越え、このたの集落、ココの目の前にある山の絶壁は秋になると紅葉が素晴らしい所だ。
集落を下り、遠山郷のバイパスに出る。

遠山郷の集落
和田地区と木沢地区を結ぶバイパス

小道木バイパス、
橋梁2橋、トンネル2箇所を整備することにより、両地区間の距離を半分になったそうだ。

目指すは
下栗の里日本のチロル、日本の田舎の原風景

それと、、、。
2年前、ここ下栗の里を
チャレンジマラニックin遠山郷
で、走った時に、写真を撮ったお食事処「いっ福」のオバサン(お姉さん)に会いに行こうと思ったからだ(^O^)/
そのときの動画↓↓↓↓

店に入り、うどんを注文
そんな話をしながら、昼食タイム。

店を出て、半場亭に向かい、ココに車を置いて、下栗の里ビユーポイントに向かう。
そこで、下栗の里全風景を、、、。
引越しのサカイ
コマーシャルでの場面を思い出す。。。

車の置いてある半場亭に戻り、しらびそ高原に行こうか如何しようか?
悩んだ末、
今日の観光は遠山郷、向かうところを木沢小学校と決めた(*^^)v
旧木沢小学校(昭和を感じる木造校舎)
http://tohyamago.com/kankou/kizawa/index.php

10年前、
チャレンジマラニックin遠山郷
は、ココのグランドからスタートした。
思い出の小学校だ。
玄関には猫校長タカネちゃんがお昼寝をしていた(^O^)/

ぐるっと校舎内を見学し、つぎはスイーツを食したい。と思い
遠山郷土館 和田城内にある「カフェ和田城」でシフォンケーキとコヒー。


しばし歓談
イップク(^。^)y-.。o○
次は

隣のお寺「龍淵寺」(りゅうえんじ)へ
ココにある
椋鳩十の遠山郷に残した言葉の碑がある。
遠山郷は、星のきれいな里、河のきれいな里、人の心の美しい里である
マラニックの第二回のときだっけ、Tシャツにプリントされていたっけな~。。。。

「龍淵寺」には観音冷水という水が湧き出ている。
そこでイッパイ、水を飲む。

そこに置いてある
「龍淵寺」の和尚様の書いた広報を頂く。

車に戻り、よいよ神楽の湯に、、、、。
どぼ~ん。。。あ~いい湯だ。

宴会場では何やら歌手が来て大騒ぎだ。

私が佐久間に帰ってきた28年前
家族で遠山郷に初めて来たときには、そのとき思った印象は。
「こんなところにも人が暮らしているのだナ~」
正直、そんな感じだった。
それが、10年前、遠山郷でマラニックが始まり。
今まで10年間、遠山郷に通い、遠山郷に人に知り合い、話をして酒を飲んで、遠山郷の移り変わりをこの目で見てきた。
そして自分なりに感じたことがある。

自分なりに何かを感じ、これからの生き方を決め、今の自分がある。

今年
2016年
チャレンジマラニックin遠山郷
は、第10回記念大会。
おもっきり楽しまなければ(^O^)/

byしんしん

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]