忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1263]  [1262]  [1261]  [1260]  [1259]  [1258]  [1257]  [1256]  [1255]  [1254]  [1253

昨日、中日新聞社から電話があった。
女性の声だった。
その時に、そんなことを言われた。

夢街道100㎞
浜松駅から遠山郷までの100㎞を走る、、、。
う~ん・・・どうしてだろうか?

その前に、どうして中日新聞社から電話が来たのか分からなかった。だから聞いた。

私 :「どうしてそのことを知っているのですか?」

記者:「天竜支社から情報が来ました、自分で報告したのでは?」

私にはまったく覚えがない。
でも、新聞で記事にしてもらえるのは、ありがたい話だ。

 

そこで、記者が言った言葉について考えてみた。

どうしてそんな事をやるのですか?

楽しいから。走るのが好きだから。
大きくなった浜松市を突き抜け遠山郷に行き、そこのかぐらの湯で疲れを癒し飲むビールは最高だ!!
そんなことが面白いからやっているのです。


こんな写真でマラニックの楽しみが伝わらないでしょうか?

地域おこしのためですか?

う~ン。自分の楽しいことがやがて地域おこしになるのならいいと思う。
でも、自分が地域おこしのためにやっているという感じは・・・ない。

佐久間町が合併して、NPOがんばらまいか佐久間ができ、活動委員として働いていた時、「交流居住モデル事業検討委員」が始まった。
都会に暮らす人を佐久間に呼び込もうとする事業だ。
活動委員の私たちが朝早くソバ畑の草取りをしていると、、、サングラスをかけたNPOの事務の人が遅くに来て、新聞社の人にソバ畑の説明をしていた。

今、田舎では、地域おこしをしているとメディアで取り上げてくれる。
去年の夏にやったNHKの金とく SKE48の未来教室~過疎高齢化を考えますなんかはその例だ。
そんなことを思って書いたブログ
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%8B%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93/%E3%80%8Cnpo%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%8B%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E3%80%8D%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B

地域のためだと言っては見ても本当に、ここ佐久間のためにと思っている人が何人いるだろうか?

そんなことを感じて佐久間で暮らしているから。
地域おこしのためですか?」の答えに「ハイそうです」とは答えられなかった。

佐久間町では
NPOがんばらまいか佐久間の活動委員
佐久間町観光協会の一般会員
のしんしんからの一言でした。

やめまか・・・佐久間のブログを書いたけど会費は払っていますから(^^)
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%8B%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93/%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%8B%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E3%80%82

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 10 11 13 14
15 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]