忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201

マヤの一生」作者
椋 鳩十(むく はとじゅう、1905年1月22日 - 1987年12月27日)は、日本の小説家、児童文学作家。本名は久保田彦穂(くぼた ひこほ)。長野県下伊那郡喬木村阿島出身。

ごんぎつね」の作者
新美南吉(にいみ なんきち、1913年7月30日 - 1943年3月22日)は、日本の児童文学作家。本名は新美正八(旧姓:渡辺)。愛知県半田市出身。

ウィキペディアから引用

椋鳩十のことは、遠山郷の第一回マラニック「チャレンジマラニックin遠山郷」のTシャツの後ろに椋鳩十の遠山郷に残した詩「遠山郷は星の美しい里 河の美しい里 人の心の美しい里 である」プリントしてあり知り合った。
「マヤの一生」が有名である。
戦争の悲惨さを訴えることを、飼っていたマヤ(熊野犬)の一生に表している代表的な作品だ。
マヤはマヤを可愛がっていた次男の匂いのする下駄を見つけ、その上で息を引き取った。

「マヤの一生」読んで思うこと。
権力の力で威張る人、その陰で泣く人、、、、。
そんな時代があったことを忘れてはいけない。

かたや新美南吉の「ごんぎつね」
ゴンは、兵十の鉄砲で撃たれて死んだ。

「ごんぎつね」を読んで思うこと。
いたずらばかりしていたゴンの、罪滅ぼしのための兵十への贈り物。
最後の
ごん、お前まいだったのか。いつも栗をくれたのは
  ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。
そんなシーンに涙が出た。

二人の作家は、現代に生きる私たちに何を問いかけているのだろう。

鳩十は晩年を鹿児島市で過ごした。
故郷である信州に飯田線を使いよく帰ってきたと聞く。

この山深い渓谷の地を愛していた人なのだ。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]