忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2088]  [2087]  [2086]  [2085]  [2084]  [2083]  [2082]  [2081]  [2080]  [2079]  [2078

2000(平成12)年、静岡県市町対抗駅伝が始まった。町の広報で、その駅伝大会の佐久間町のメンバーを集っていた。
自分は速くはないし、ただ趣味として走っているし、短い距離よりハーフマラソンやフルマラソンに興味を持っていたし、気にはなったいたが参加はしなかった。
夜、仕事が終わり、ジョギングをしていると、そのメンバーと思われる人たちが佐久間中学校の校庭で練習に励んでいた。

自分の記録をさかのぼると、当時の2000(平成12)年、小笠掛川マラソン(現掛川新茶マラソン)を3時間31分23秒で走っている。けして40歳の男性としては速い記録ではない、その後、3時間30分を切りたいとフルに挑戦した、しかし、その夢は叶わず還暦を迎えようとする老いた自分の自己ベストとして今尚自分の記録として残っている。
2000年2月20日は私の40回目の誕生日、丁度その日は東京都の青梅市で行われる青梅マラソンに参加した。30㎞を2時間40分39秒で走っている。
インターネットで自分のホームページをつくり、私のページを見た東京の多摩市の男性(中村さん)と仲良くなり、その人を訪ねて東京行の新幹線に乗っていた。その年の冬。
熱海の駅で、50歳前後の女性が隣に座り話だし東京にフラダンスの発表会に行くのだと聞いた、月に一回は東京に行く「やっぱり東京はイイ」と話していた。
東京駅に新幹線は到着した、多くの人でごったがえす東京駅、中村さんに電話をかけ丸の内中央口で待ち合わせをした。
初めて会ったその人は優しそうな穏やかそうな人だった。二人で皇居の周りをユルク走り、彼のラン友だと女性のランナー数名を紹介してくれた。
彼の後を着いて電車にゆられ、着いたところが多摩市、そこの駅近くのビジネスホテルを予約してある。私はホテルへ彼は自分の家へ、夕方再開して夕ご飯を一緒に食べようと話して別れた。
予約したホテルのロビーでチェックインして鍵を貰い、エレベーターに乗って部屋に向かった。せまいホテルの部屋の窓から見た大都会東京、多くの人であふれている東京、そこにネットで知り合って仲良くなったラン友を頼りにやってきた。大都会東京。

いや、目的は彼だけではない。
その年、私は通信制の高校NHK学園に入学、東京都国立市にあるその学園に陸上部がありネットでそのメンバーも青梅マラソンを走ることは知っていた。その陸上部の顧問の先生ともネットで話し青梅マラソンで会おうと約束していたのであった。
2000年2月20日の朝、青梅行の電車にて青梅駅を中村さんと目指した。青梅駅は中部天竜駅とさほど違わない狭い駅だった。その駅に多くのランナーが集まっていた。
第34回 2000年2月20日(平成12年)開催 出場者数: 13,241名
初参加の自分は最後尾でのスタートになった。まるで満員電車の中で多くの乗員が移動しているような状態、道路の脇に立つホテルの窓からも応援している人がいる。また演歌歌手松原和子の「帰ってこいよ」のレコードを大音量でかけていた。
一万人以上のマラソン大会は、この大会が初めてだった。
青梅マラソン30㎞のコースは、青梅市役所付近から奥へ行き折り返してくる往復コースだ。
 往路はほとんど人人人でみんなのペースに合わせるしかなかった。それが幸いしたのか復路に快適に走れ清々しくゴールで来た。
30㎞を2時間40分39秒 13,241名の中で3225位だった。

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]