忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2065]  [2064]  [2063]  [2062]  [2061]  [2060]  [2059]  [2058]  [2057]  [2056]  [2055

第5講「一つの目標」
氏曰く
諸君が将来真に力強く生きていくには、一つの目標を考えるのが良いかと思います。
試験を受けて、より上級に進む目標でなく、ほんとうの志す物を。
人として、この世に生れ、今師範学校で教育者になる道を歩んでいる人に。
そこで先生は提案した。
40歳になったら一冊の本を書いてみるのはどうか?
今日からこの目標を心に秘めて歩んだら、自分の歩んだ道が必ずしも間違いではなかったと感じるようになりましょう。
不惑の齢に達するときに一冊の本を。と言ったのであった。

第6講「意地と凝り性」
氏曰く
ひとかどの人物になる人は、小さいころからの特性がある。
意地とか凝り性というのもその一つ、そのように思う。
その意地とか凝り性の特性を純化する。
自身が持っている醜いもの人間の欲望などを純化することが大切。
生涯をかけて生き抜こう、という決心が生まれてくるんでなければ、真の修養とは言えないのです。
否、一つの目標を目指して、生涯を生き貫くというにとどまらず、さらには願わくば、この肉体が朽ち果てた後も、その人の歩みが後に来る人々の目標になる生きかたが、真に生き甲斐があると言えないでしょうか。

氏曰く(しのたまわく)
ココでの氏は森信三先生
森信三先生は おっしゃいました。
と。

戦前に大阪の天王寺師範学校の講師として勤めた頃の森信三先生の講義録。
 修身教授録
なんの御縁か、わたしも読むようになった。
 


修身教授録を読み終わり、仲間で意見を交わす。
勉強&読書の仲間は職業や年齢は様々な人がいる。
そんな話しの中で心に残った言葉がある。

氏曰く
100年先のことを考え生きていくことが肝要である。
この場合
氏は山草人先生、と。
山草人先生は、おっしゃいました。と。

その人の歩みが後に来る人々のためになる生きかたが、真に生き甲斐があるといえないでしょうか。
自分の生き甲斐、他の人にとっても生きる糧になる。。。
頑張れと言えば、ガンバレ~っと帰って来る。
そんな生き方(*‘∀‘)

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]