忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

昨日、町内の人に言われた。
今年は、駅伝にトン汁が出ないそうだネ
私は「知らない」と言ったら。
役員の人が知らないなら・・・ただの噂かな

その後、佐久間中学校の先生と話す機会があり。
生徒の間で今年から駅伝でトン汁がでなくなったとの噂がある
と話していた。
先生は協働センターに電話して確認したそうだ。
やっぱり今年は出ないそうだ

毎年、佐久間駅伝では 電源開発株式会社からの寄付でトン汁の食材を買い、佐久間のNPO”がんばらまいか佐久間”の活動会員がトン汁を作り、走り終わった駅伝の選手に振舞っていたのだが。
今年は・・・そのトン汁がなくなったのかな~?

前にも、このブログで書いたのだが、私たちの住んでいる北遠は駅伝が四か所で行われている。
以前書いたブログ↓
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E4%BD%93%E8%82%B2%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A/

佐久間駅伝は、四か所の中でも最も予算が掛かっている駅伝大会だ。

昔は、役場職員も多くいて、駅伝大会では総出で手伝いをしていた。
タイムもストップウォッチ計測、駅伝の閉会式が終わった後に記録用紙が出来上がるようにみんなが協力してやっていた佐久間駅伝だった。

それが、佐久間町が浜松市に合併し、役場の職員も減り、佐久間駅伝のボランティア減っていった。

そして、浜松市として、天竜区だけで四か所の駅伝での予算を渋るようになってきた。

その影響なのか・・・・今年の佐久間駅伝でのトン汁の出ないのは。


去年のゆるきゃらグランプリで関連予算に約1700万円を計上したという。

佐久間駅伝では、ボランティアで駅伝の関係の仕事をしている。
NPOのメンバーは七十歳代の人たちが一生懸命に町のためにと頑張っている。
ゆるきゃらの予算と天竜区の駅伝とでは、予算の出所が違うかもしれない、、、、でも、
あまりにも理不尽 いや、それが合併の現実
 


そんなこそを思う、佐久間町の山の中に住む、浜松市住民の一人であった。。。。

拍手[5回]

PR

今年の会場は春野「気田川漁港組合・憩いの家」での開催になった。



現在の天竜区内の駅伝・マラソン大会
1、第38回 天竜駅伝大会
2、第41回 天狗の里駅伝大会
3、第41回 佐久間駅伝大会
4、第62回 北遠駅伝大会
5、第37回 秋葉ダムさくマラソン
と、天竜区だけでこのような駅伝大会とマラソン大会がある。


これを、これから天竜区の大会とし、天竜区の各支部で駅伝大会実行委員会が駅伝大会等を運営することになる。
名称も 天竜区・第41回 佐久間駅伝大会・・・となっていくのである。

隣の人が、佐久間も予算が出なくなったら・・・・・止めていくだろうね~っと話が合った。

参加料について
一人1000円を基準として参加料を決定する。
平成27年度までに、段階的に参加料を上記の基準にする。

と書いてあった。

あと二年後・・・・・。

三年後・四年後・五年後には「佐久間駅伝」・・・・・どうなっていくのだろうか?

拍手[0回]


2月12日のブログで書いた「駅伝大会のアンケート 」は佐久間協働センターから来たアンケートの事を書いた内容だ。

今回は(財)浜松市体育協会水窪支部から届いた。
アンケート(駅伝大会参加者用)

1、参加してもよいと考えられる参加料
ア、一区間1000円 イ、一区間1500円 ウ、一区間2000円

私は、アの一区間1000円にした。

2、天竜区内には4つの駅伝大会がありますが、今までどの大会に参加したことがありますか?
私の参加した大会は「天狗の里駅伝」「佐久間駅伝」「北遠駅伝」

3、参加賞について
ア、必要  ウ、不必要

私はアの必要に丸を付けた。

4、北遠駅伝の改善してほしい点
ここには
  今のままで満足・・・と書いた。

5、その他ご意見・ご感想をお聞かせください。
ここには
  浜松市からの補助金がなくてもやって行ける駅伝大会を目指してください。
  (遠山のマラニック・天龍村の駅伝は寄付金と参加費だけでやっています)
  佐久間駅伝のコースは無理だが、水窪のコースでは可能だと思います。

と書いた。

浜松市としては、ひとつの天竜区と考えている。
天竜区で一つにまとめた大会をやったらどうかと・・・。
佐久間と水窪、一つにまとまって大きな駅伝大会をやたらいいとの話もあるが・・・・。

佐久間町は、過去に合併した。
そこで、そこに住む人は(今もなお住んでいる人は)・・・・・・・・合併(まとめる)ことが良かったことだとは思っていないと思う。

天竜区の駅伝大会も、まとめるのではなく、先人たちが残してくれた駅伝大会は、天竜村の「梅花駅伝」のように、そこに住む人の熱い心で残していくようにした方が良いと思う。

熱い心があれば、きっと協力してくれる人はいる・・・・・・・と私は思うのだが。

拍手[0回]

さくまRC・・・梅花駅伝に行ってきた。

中部天竜駅を6時19分(駒ヶ根行き)の電車で出発、ここからは私を入れて4名の乗車、城西駅で2名、水窪駅で一名。
補欠を入れて7名で・・・イザ天龍村へ。

平岡駅に7時5分。{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~
外は氷点下4℃

受付を終え、天龍村中学校の体育館で休憩していたが・・・・・ここも・・・さむーいっ!!((p(>_<)q))
ストーブがあるが・・・このストーブ、参加チームの自前なのか・・それぞれ違う型のストーブがあった。
もしかして・・・天龍村の人たちの個人のを使用しているのか・・・・・??謎だ。

開会式は天龍村の中学校のグラウンド、半分が駐車場で利用しているので少し狭い。
佐久間駅伝の開会式とは・・ちと違う。
参加チーム143チームの選手が集合するには・・・無理かな。
IMG_3611.jpg

 

受付で各区間の輸送バスの時刻表がA4の紙で書いてあるのをくれた。
私は5区、橋の所に10時50分出発と書いてある。
30分前にはその場所に行くと、もうバスは止まっていた。
バスに乗るにもチェックは無い。
そのバスは、10時50分には出発した。

ここまでで、思うのは・・・・・佐久間駅伝は・・至れり尽くせりという事だ。

天龍村の「梅花駅伝」は無駄なものは・・・省いてある。

梅花駅伝に来ている人も、少ない人口の村での駅伝大会を納得している。

送迎バスで隣に座った人はどちらも長野市からの参加だと言っていた。
ここ天龍村まで3時間かかったと。

4区中継所で繰り上げスタートは12時55分、ここは佐久間駅伝のように先頭ランナー通過時間ではない、ここも無駄を省ける部分カナ。
トップの早稲田大学、二番手の佐久長聖高校が過ぎ、12時30分ごろには。
「それでは今から繰り上げになりそうなチームを呼びますので・・・タスキを配ります」
そんな放送が。

我がチーム38番「さくまRC」は呼ばれなかった・・・・ホ。

そのうちに4区(8.8k)走り切った加○君がやってきた、私はタスキを受け取ると・・・夢中で走った。

阿南の町には思ったより応援の人が沢山いた。

このコース、天竜川に沿った県道1号線を下っていくのだが・・・上ったり下ったりのコース・・・ここを8.7km・・と結構な距離。
天竜川の両脇の山の上は雪景色だ、距離表示は中間点と残り1キロ地点にある。

5区を走り切ったら、3区を走った○花さんが待っていてくれた。

記録係の人や呼び出しの人は高齢の人も活躍していた。

5区中継所から送迎バスに乗車、ここも時間になると出発。

ゴール地点でチームでみんなでの写真
IMG_3633.jpg

記録は天龍村のホームページでアップしている
天龍村ホームページ↓
http://www.vill-tenryu.jp/

記録↓
http://www.vill-tenryu.jp/baika-kojin130217.pdf

これで、私の「梅花駅伝」レポートを終わりにする。
浜松市天竜区佐久間町での「佐久間駅伝」こんな私が言っている、意見を聞いてくれるだろうか。

しつこいようだが・・・もう一度、佐久間町は・もっと隣の県の村や町の取り組みを参考にした方が良いと思う。
浜松市と言っても・・・・ここは山に囲まれた山奥なのだから。

拍手[0回]

私のもとに、先日「天竜区駅伝大会に関するアンケート」【佐久間】がやってきた。

アンケートの内容は、体会参加(協力)について「負担が大きいので辞めたい」「負担は感じているが今後も協力できる」「地域のためなので是非続けたい」「その他」と言うように四択で丸を付けるアンケートになっている。

私はもちろん、ウの「地域のためなので是非続けたい」に丸を付けた。

次には、スタッフとしての仕事量に付いての質問と続いている。

裏面に行くと、平成23年度に天竜区の各駅伝大会でかかった予算が書かれている。

浜松市としては、ひとつの区だけのスポーツイベントでこのように多くの予算を使われては困るのでなるべく一つにまとめたいとの思いが見て取れる。

しかし、天竜区は広すぎる。先日「北遠駅伝」に行ってきたが、水窪の人とはなしをしても「佐久間駅伝」と一緒になるのは、まず考えられない。

そこで、次の日曜日17日に我々「さくまRC」で長野県の天龍村(人口1800)の駅伝「梅花駅伝」に行く。

天龍村では・・・どのようにやっているのか?経費は・・・・そんなところ見てきたいと思う。

このアンケートで見ると、浜松市行政の考えは予算がかかるので、どうにかしたい(まとめさせる・辞めさせる)ようにコントロールしているように思っているのは私だけだろうか?

地域のために私たち行政も、できる限りの協力を・・・・との考えが見えてこない。

駅伝はお金と手間がかかる。

私としては、遠山郷が行なっているような「チャレンジマラニックin遠山郷」みたいなマラニックの方が、少ない経費で良いと思うのだが。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 18 19 20
22 23 25 26
28 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]