忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1310]  [1309]  [1307]  [1306]  [1305]  [1304]  [1303]  [1302]  [1301]  [1300]  [1299

佐久間町の飯田線「中部天竜駅」を始発の電車で出発。
中部天竜駅(5:26)→三河川合駅(5:53)

三河川合駅から今回の明神山の登山口がある、乳岩狭まで約30分道路を歩く。

乳岩登山口には、朝早いというのにもう多くの車があった。
ロッククライミングの人たちだろう。
先週の土曜日に行って登山道にある「鬼岩」に多くのクライマーが居てビックリしたものだ。
その時のブログ↓
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E7%94%B0%E8%88%8E%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97/%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E6%97%A5%E3%81%AF%E5%B1%B1%E7%99%BB%E3%82%8A%E3%80%82%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%A4%9C%E3%81%AF%E9%85%92--o--%E6%AC%A1%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%80%82

今回は職場の人と二人での登山、
先週は一人で登っていろいろな事を確認してきた
(どのくらいで登れるか、危ないところはないだろうか)
今日は余裕をもっての山登り。
乳岩登山道を6時30分ゆっくりと登り始める。
板敷の川を歩き、遊歩道に出て、足取りも軽い感じなので、初めに「乳岩」に行くことにする。
乳岩と明神山の分岐を左側「乳岩」方面に向かう。
久しぶりに来た乳岩、大きな岩の中の絶壁を登る。






 


ぐるっと回って約30分で帰ってきた。

これから、よいよ明神山に登る。
一服の岩を越え、途中で休憩、暑くなったので上着を脱いで水分補給をした。
まだまだ序盤、急ぐなかれ。

しばらく行くと、全国のクライマーが集まるという「鬼岩」が出てきた。

本当、誰がつけたか鬼岩、まさに鬼の角のように尖った岩が我々の目の前に現れた。

数人のクライマーが、断崖絶壁にへばりつき岩を登っていた。
世の中には様々な趣味の人がいるものだ。

しばらくクライマーの様子を眺めていたが、またまた登り始めた。

胸突八丁の激しい坂が待っていた、ヒイヒイ頑張り胸突八丁ノ頭に登りついた。
後は尾根沿い、
三ツ瀬ルートの合流地点に着いたのが8時52分
約2時間半かかっている。

クサリ場、はしご、を越えたら馬背に、ココからの景色が、、、また良い。

山頂に着いたのが9時26分
乳岩登山口から乳岩を経由して明神山頂まで約3時間かかった。

今回は遠くの山は雲でハッキリは見えなかった富士山もヤッパリ見ることはできなかった。
それでも、山頂からの景色は素晴らしい。
朝早く電車に乗って来たかいがあったというものだ。

一時間くらい山頂で食事をしたり他の登山者と話をして、山頂を後にした。

下山開始
10時30分
三河川合の電車は15時00分
ずいぶん余裕があるけど、下山の時にアクシデントはあるもの、、余裕も持っての行動は大切。

乳岩登山道に着いたのが12時20分くらい
ずいぶん早く着いたものだ、もっと早い電車があるかと思いスマホで確認したら12時21分の電車しかない、あきらめ「三河川合駅」付近の散策することにした。
川沿い線路沿いに歩き、豊橋寄りの柿平駅までウォーク。
帰りは国道151号線沿いを名号のサークルKをめざし歩く。
私はココで缶ビール。
三河川合駅で昼間から始まったのだ。

この時、三河川合駅で、飯田線の事が大好きな人と出会った。
その人は飯田線の沿線の写真を撮るのが趣味だそうだ。
夫婦二人で湯谷温泉駅から三河川合駅まで歩いて来たそうだ。
世の中にはほんと、いろいろな趣味の人がいるものだ(≧▽≦)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]