忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3

致知出版社から本の購入と同時にメール登録もした。

その便りで、下のような内容のメールが来た。

2年前の東日本大震災の後、
世界の国や地域が義援金を被災地に送ってくれた。
その中でずば抜けて多かったのが、
台湾からの200億円を超す援助だった。

日清戦争直後から先の大戦の終わりまで約50年間、
日本による植民地統治を受けた。
しかも戦後、日中国交回復のさいには日本から一方的に断交された。
それでも台湾の人々の日本に向ける温かい視線は変わっていない。

台湾の風土のようなものもあるが、
この間、多くの日本人が身を粉にしながら、台湾のため働いたという
歴史によるところも大きい。

その一人が台湾総督府の技師、八田與一である。

広大な平野は、夏には集中豪雨による氾濫。
逆に乾季には、水不足で農作物はほとんど取れない不毛地帯。

八田は烏山頭にダムを造り、そこから平野に水を流すことを考え、
宿舎に家族と泊まり込みで指揮をとった。

前例のない大工事は難航をきわめ、
工事現場では大事故で50数人が命を落とすという大惨事にも見舞われますが、
亡くなった遺族から、ここでやめたら死んだ人が浮かばれない。と懇願され
着工から10年という歳月をかけてついに巨大なダムが完成。

広大な平野は台湾最大の穀倉地帯へと変貌し、
「嘉南大しゅうの父」として永遠に人々の心に刻まれることとなった。

この八田の活躍は、戦前までは日本人の間でもよく知られていた。
しかし戦後、日本の植民地統治をすべて否定する歴史観がはびこるとともに
忘れられていった。

これに対し台湾では、戦後も中学校の教科書に載るなど
「嘉南大しゅうの父」として敬愛されてきた。

致知出版社メールから引用。


日本人は日本歴史を知らな過ぎる。
ならば・・・自分で調べなければ。

いつ調べるか・・・・今でしょ(^^)

拍手[0回]

PR

私の住んでいるところは、佐久間。佐久間ダムのあるところだ。

それだから、この八ッ場ダム問題は他人ごとではない感じがする。

今朝は、”八ッ場ダム問題”で検索してみた。

そこで、「八ッ場あしたの会」のページを見つけた。

そこの、シンポジュウム「ダムに負けない村」の動画を見ることになった。

講師 宮本さんの建設省時代にダム建設に携わったことなど、一見の価値ありの動画だ。

ダム問題、ダムが建設される地域だけではなく。日本中の人が ダムのことに関心が向けられている。

公共事業のことについて考えるときなのだ、このままでいいのか日本!!


動画 最後の言葉「私たちはもういい 子ども孫たちのために何ができるか」

そう、自分もこの言葉を胸に、何かをやっていこう。

八ッ場あしたの会
http://yamba-net.org/modules/event/index.php?content_id=13
 

拍手[0回]

「ふるさと創生事業 一億円バンザ~イ!」1988~1989年の竹下登内閣のふるさと創生事業。
当時、老人医療は無料で病院は高齢者の集いの場となり「○○さん最近顔を見ないけど、どこか身体の調子でも悪いんじゃないかね~」そんな笑い話のような時代があった。

あれから10年。
今回の衆院選挙、各 主要政党の政権公約(マニフェスト)が出そろい、30日の投開票日に向けマニフェスト対決が本格的に始まった。

今回の選挙で、民主党は政権交代をかけ、「ムダづかい」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主権」「雇用・経済」の改革を「五つの約束」とし、マニフェスト明示した。

小泉政権での、行き過ぎた競争、規制緩和で派遣労働者や非正規労働者が増えていき、自民党政治に疑問を感じている有権者に魅力的に映るだろう。

しかし、綺麗ごとだらけで、ほ・ん・と・う・に?っと思うこともある。

上の、「自民党ネットCM」の内容にもうなずける。

私的にも、子供は高校を卒業するし、・・・・・っなんて思ったりもする。

今の世の中、個人主義、自分の事ばかり考えている。

上の「自民党ネットCM」でもそうだが、人の批判をする前に、自分の(自民党の政策)を、もっと国民に強くアピールしてほしいものだと思っている。

私の1日は、朝一杯の水を飲み、トイレによって、ジョギングでかける。
そのトイレのカレンダーに標語が載っている。
今月の標語は。
人を大切に思う心の現われが、礼儀となり社会秩序の基となる
これからは、個人主義ではなく、思いやりの世の中なのだ。
自分自分ではなく、人を大切に思う、思いやりの世の中を築いていくのだ。

年金も医療も少子化が問題なのだ。これからの日本、若い人たちが、子供を産み育てる環境を、どの政党がどの様な政策を出しているのかを30日間、しっかり吟味しなければいけないと思うのであった。


拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]