忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[799]  [798]  [797]  [796]  [795]  [794]  [792]  [791]  [790]  [789]  [787

明神山(三ツ瀬明神山)とは、愛知県の奥三河、東栄町にある1,016mの山だ。

明神山マラニックとは?
とうえい温泉出て、国道151号を少し北上し、脇道に入り尾籠(おろう)の村に向かう。そこから登山道となる、岩山(700m)に登り、ここから三ツ瀬明神山まで縦走する。
三ツ瀬明神山(1,016m)の山頂で休憩し、帰りは三ツ瀬登山口に向かって下山、三ツ瀬登山口からとうえい温泉までロードをジョギング。

去年の秋、ヨッピーさんとこのコースを周った時のブログ。
http://hokuen.blog.shinobi.jp/Entry/628/

天気がイマイチで、朝方には小雨、こりゃ~山に入るのは無理かな、そう思って今日は尾籠登山口、三ツ瀬登山口を往復するロードのマラニックにしようとネットで調べた地図を持って、とうえい温泉の集合場所に車を走らせた。

とうえい温泉に着き、今回の参加者でスタート前の集合写真。
a4c0bf80.jpeg












 このと時は、尾籠の村に行ってから、山に入るか入らないか決めようと話し合ってのスタートだった。

国道を左折して、尾籠の村までの上り、雨もやみ、走っている人は皆、明神山に登る気十分な雰囲気、私は今日はロードだと思ってきたので・・・・・。

そうだ!!水分・・・給水のボトルを持ってきていない!!。

そんな時、○野さんからボトルを一本、私に手渡してくれたのだった。
ありがたいことです。
大切に500mlのボトルの水分を使わないと。

尾籠集落に最後尾で到着。
最初に着いた人は登山日誌に名前を書いて待っていた。
私も登山日誌に名前を書き、三ツ瀬登山口に向かいますと書き足した。

まずは岩山に向かう。
岩山までは、登山道は整備されている、明神山の分岐点を岩山へ向かう。
のぞき岩に着くと、遠くの山々が綺麗に見える。
谷から霧が湧きたり、こんな雨上がりしか見えない本当に美しい景色が見えた。
IMG_3137.jpg







 





のぞき岩から岩山山頂に、岩山だけあり岩をよじ登る。
その時、足を滑らし少し危ないと思った瞬間、リックのポケットに入れたボトルが落ちた。
・・・・コロコロと。
ず~っと下の方まで転がっていった。あぁぁぁ~。

私の心に(不安)という文字が浮かんだ。

そんな気持ちで登った岩山の山頂での集合写真。
IMG_3138.jpg











 

岩山から元来た道を帰り明神山分岐点へ、ここから山柿野登山口分岐点までが少し不安だ、今回の参加者10名、一列に並んで確かめ合っての行動とした。
少し迷いはしたが、山柿野登山口分岐点に無事にたどり着いた。

そんな時、○野さんからもう一本ボトルを頂いた。
黒酢入りのスペシャルドリンク。

ここからは、三瀬明神山の急な登りだ。
水分があるのは本当にありがたい、感謝・感謝・感謝である。

今回はこのコース二回目、後どの位だろうかと思ながら歩みの進める。
前回登った時にも立ち寄った、見晴らしが良かったところで一休み。
IMG_3140.jpg













後どの位だろうかと歩いていると、すぐ向かいに山頂は現れた。
腕時計は十二時丁度だった。

展望台では、集合写真を撮り、それぞれ持ってきた食料で食事が始まった。
ここでも、○野さんからおにぎりをいただいた。
IMG_3143.jpg











 

安○さんからはカップうどんを、感謝・感謝・感謝・感謝であるのである。

12時20分、山頂から三ツ瀬登山口を目指し下山、この登山道は馬の背・くさり場ありの難コース、上り以上に気を付けないと。

三ツ瀬登山口に着いたのが、2時。
ここから とうえい温泉までロードだ。

みんな走り出す。
国道151号線に出たら左折しトンネルを抜け、本郷の町へ、うっちゃん・山草人・みっち~・しんしん で とうえい温泉にゴール。
IMG_3150.jpg

























その後、次々とみんな帰ってきたので、とうえい温泉の横の方、紅葉が綺麗なモミジの下で集合写真を撮った。
IMG_3151.jpg





 






今回のマラニックは、11月の初めある人から「明神山に登らない?勤労感謝の日に休みが取れたから」そんな話があり集まった仲間だ。
しかし、先週の終わりごろから週間天気予報を見ていると、勤労感謝の日は雨模様、天気予報はずれないかな~と思って当日を迎えたのだった。

当日の朝5時、ヒロボーから電話、佐久間の天気を聞いてきた、小雨が降っていた。

この雨では、天気予報でも午前中にわか雨と出ている。
山に入るのは無謀だ、無理は禁物、今日はロードにしようと思って出かけた。

とうえい温泉 もうすでに来ている人がいる小雨降る中、みんな明神山に登りたくて集まってきたのだ。

何かあっては困るけど、そうならないように最善の準備をする。

今回、給水・給食を忘れた 愚か者は誰あろう このコースを紹介、道案内をした私だった。

これからは気を付けます(^^;

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
楽しかった!明神山登山マラニック
ありがとうございます。
とても楽しかったです。明神山登山マラニック

来年もやろう。
ヒロボー 2012/11/24(Sat)06:21:19 編集
明神山登山マラニック
こちらこそ、ありがとうございました(^-^)/
来年も再来年も続けて行きたいと思います。
北遠・奥三河でのマラニックは、任せてネp(^^)q
しんしん 2012/11/24(Sat)06:32:11 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]